同人ゲーム製作の心理学 第11回

■■完成しない心理 その4 禁止令を解こう■■

前章を読んで、ゲームの完成しない原因に、自分の中の禁止令があると思った方は、
そこから自由になる事が一番です。

子供の頃に得た生存術が、今でも通用するとは限りません。

禁止令は今では通用しないという現実を無視して、無理に使っている場合がほとんどなんですが、
禁止令を発動させている本人には、無理をしている感覚がありません。
むしろ、禁止令から自由になるほうが、負担になります。

日本人は、おにぎりなら手づかみで食べられますが、茶碗に入ったご飯は手づかみで食べられません。
これは日本の風習であって、自分自身の価値観ではありません。しかし、もの凄い抵抗感が生まれますね。
抵抗感というよりも「拘束力」と言えるレベルでしょう。

「自由になるのが一番」
と書いておいて、ひっくり返すようですが、自由になるのはそのくらい難しいものです。
難しい事ですから、すぐにできなくても落ち込む必要はありません。

ただし、
「いつか、度胸がついたら……」
と先送りにしない事を決めましょう。

「自由になる事に挑戦→できなくても落ち込ない→すぐに再挑戦→できなくても落ち込まない」
というループが理想です。
それを続けているうちに、「ふっ」と、自然体で出来てしまうのが、壁の越え方です。

−−−

禁止令は親の影響下にあると、冒頭でさんざん書きました。
自分を責める必要が無い事はもちろんです。 しかし、親を責める事も、禁止令から自由になるどころか、いっそう自分を縛る事になります。

自分の心の中には、怯えている子供時代の自分います。
そして、私達の親の中にも自分と同じように、怯える子供がいるんです。
親の親の親の親の親の親の、そのまた親も禁止令を持っていました。
誰もが禁止令の力で生き残ろうとした、サバイバリストなんです。

また、親の嫉妬を感じても、必ずしも全ての子供が「成功してはいけない」と思うわけではありません。
禁止令は親から一方的に与えられるものではなく、子供の中で作り出されるものです。
たまたま、その時、その子が、そのように解釈したという、運命のいたずらの結果、生まれるものなんです。
ですから、親にも子供にも責任はありません。

禁止令の発生は「自分を責める、他人を責める」事と無縁の出来事という事を忘れないで下さい。

−−−

話をゲーム製作に持って行きましょう。
「ゲームを完成させると、何かを失う」
と思っている人も沢山います。

たしかに、ゲームを出せば、自分の中で納得できなかったとか、評価が低かったとか、
自尊心が傷つく事は沢山あるでしょう。

でも、自尊心が傷ついても、何も失いません。

腕にすり傷がついた事で、「腕を失った」と思う人はいないでしょう。
傷ついた自尊心は、失ったものとしてカウントする必要はありません。

ゲームを完成させて失うものは「たった今完成したゲームを、今後も作り続ける時間と労力」だけなんです。

「成功するな」の禁止令を破って、ゲームを完成させた人は、達成感と共に、
自分自身に課した「オキテ」を破った罪悪感にさいなまされているかもしれません。
罪悪感を感じているのは、子供時代の自分です。
心の中にいる子供時代の自分に対して「もう大丈夫だよ。よくやったね」と安心させる事が、
ゲームを完成させた人の最後の仕事だと、僕は思っています。


次回は、グループでのゲーム作りで発生しがちな「心理ゲーム」についてご説明します。


次へ

前へ

目次へ

ASTRO PORT 入り口へ