同人ゲーム製作の心理学 第10回

■■完成しない心理 その3 禁止令とは■■

「人生脚本」に続き、交流分析心理学より「禁止令」の話をします。
最初の構想から離れて、結局、話が専門的になってきてますが、ついて来て下さい。
お願い!

「禁止令」とは、「やってはいけない」、または「しなければならない」
という形で、自分が自分自身に与える無意識的な命令です。

これも、幼児期に人格が形づくられる時期に、親から与えられる言葉や仕草を受けて生まれます。

たとえば、病気の時に優しくされた時、
「体が弱ければ、自分は生きていていい」
と感じる子供がいます。
そんな場合
「健康であるな」
という禁止令が生まれます。

私達は、子供の頃には卓越した「場の空気を読む能力」を持っていました。
自力で生活できない無力な子供は、家庭内にいて、保護者に愛され、生きるために、
その場の空気を読む事が生きるために必要だったのです。

大人に成長した後でも、子供の頃の禁止令は残り、自分の行動指針の元になっています。
前々回にも書きましたが、私達は、年齢も環境も異なるのに、生きる知恵として、
子供の頃に得た経験則に無意識に従ってしまう事があるんです。

−−−
ゲームが完成しない心理として、直球で考えられるものは、
「成功するな」=「成し遂げるな」
という禁止令です。

これは、親が嫉妬深かった場合、生まれやすいと言われています。
子供の成功を喜ばない親はいないと言っても良いでしょう。
しかし、親も人間ですから、無意識のメッセージを心の奥に隠して生きています。

子供が「見て見て〜!」と自分の成果を見せた時に、
ふと、親が怪訝な表情を見せてから(本人は気づきません)、「凄いね!」と誉めた場合でも、
子供は親の表情を見逃しません。
なにせ、子供は空気を読む達人ですから。
その時に
「成功するな」
と、子供は感じるかもしれません。

成功する→愛を失う→生きていけない

と、シンプルに考えてしまうからです。


また、子供が自分一人で何かできなかった時、嬉々として手伝ってれる親がいます。
もちろん、それは親の愛情あっての事です。
しかし、そこに親の「あなたを世話できるから、私は価値がある」という、
裏のメッセージ(これも、親が子供時代に得たものです)が込められていた場合、
その体験が、やはり
「成功するな」
という、禁止令の元になります。


「成功するな」の禁止令を持っている人が、ゲームを作る場合、ゲームが完成してしまったら「成功」してしまいます。
「生きるためには成功してはいけない」という幼い自分が必死に得た生存術が、完成にブレーキをかけてしまっている可能性があります。


−−−
また、「成功するな」の禁止令にプラスして、
「努力しろ、怠けるな」
という禁止令が働く場合があります。

これは、ゲームを完成させる助けになりません。
「努力すれば、完成するんじゃないの?」
となるのが普通の展開ですが、

これが
「努力しつづけろ」&「成功するな」
というコンボが繋がると、

「完成しない→努力する余地がある→完成しない→努力する余地が……」

という、ループが発生し、デスマーチの状態が続く事になります。


商業作品の製作には、作り手の心理に関わらず、納期や予算といったドライな状況がコントロールの効果を(良くも悪くも)発揮します。
しかし、同人ゲームの場合は、その辺が曖昧になるので、個々の心理状態に振り回されてしまい、暴走する場合が多いのです。

そんな、困った現実を見つめつつ、「禁止令」も次回に続きます。


次へ

前へ

目次へ

ASTRO PORT 入り口へ