同人ゲーム製作の心理学 第9回

■■完成しない心理 その2 勝者の脚本・敗者の脚本■■

前章からの続きです。
人生脚本には
「勝者の脚本」  ……目標を達成する
「敗者の脚本」  ……目標を達成しない。
「非勝利者の脚本」……目標を持たない。挫折しないが、成功もしない
があります。

勝者、敗者と書くと、単純に勝者は「金持ち」、敗者は「貧乏人」等と思われるかもしれませんが、
世間的な価値基準とは関係ありません。
「貧しくても自由でありたい」と思う人が、会社で大出世して「金持ちでも余暇が無い」生活を耐え忍ぶ事になれば、その人は敗者です。

「私は○○を成し遂げる!」と目標を立てて、ことごとく挫折した人が、
「今度はゲームを創る」という目標を立て、結局それも完成しなかった場合、
「敗者の脚本」が深層心理にあると考えてもよいでしょう。

敗者の脚本の持ち主も、勝者の脚本の持ち主も、目標を持つ事は同じです。
それを見分ける方法は「どうやって目標を達成するの?」と聞いてみる事だそうです。
自問自答でも良いでしょう。

「まず、1000万円ためる」とか、「有名人のコネクションを持つ」等、勝利の鍵を一つに絞る人。
「何が正解か分からないし、上手くいくまで、いろいろやってみる」と、複数の勝利の鍵を持つ人。

勝者の脚本の持ち主の答え、敗者の脚本の持ち主はそれぞれどちらでしょうか?

正解は、前者が「敗者の脚本」の持ち主、後者が「勝者の脚本」の持ち主です。

「え? あまりにも決めつけすぎなんじゃないの、バーンさん(交流分析の創始者)
 目標への手段を決める事が成功の道って、よく言うじゃないですか?」
と、僕は思ったんですが、ちょっと考えてみると、納得のいく話でした。

正解が一つだと思っている人は、それが上手く行かなければ「失敗→即敗北」の道をたどりやすいわけです。
正解が複数あると思っている人は、何度失敗しても、その後も成功するための様々な手段を残しています。
一般に流布している成功談は、あくまで、上手く行った例の一つでしょう。

ポーカーに例えると、
「俺はロイヤルストレートフラッシュしか狙わないぜ! だってそれが最強だからな」
という必勝法にこだわるプレイヤーが勝てるわけはありません。

「どんな手札でもやり方次第で勝てる。それに、大事なのは負けた回数よりも、結果的に収支をプラスにする事だよ」
と、思っている人の方が強いでしょう。

−−−

ゲーム製作がストップしてしまった、または、ゲーム製作は進んでいるが、
自分の作業だけがストップしてしまった背景には、人生脚本が絡んでいるかもしれません。

自分がこだわっている「勝利の鍵」を検討してみると良いでしょう。

勝利の鍵が「自分が全てにおいて納得がいくゲームを創る事だ!」しかないのであれば、
「全て」ではなく、納得すべき点を絞ってみるのはどうでしょうか?

また、絞ったとしても。
「納得のいくシナリオを創ることに絞ろう!」

「納得のいくシナリオが描けない!」

ゲーム未完成。

では、やはり同じことです。


「勝利の鍵」の数をクローズアップしてしまいましたが、これは、あくまで脚本チェックの方法の一つです。
それは、人生脚本そのものではない事に注意して下さい。
脚本は、前章の「目上の人と対立する」等の、行動パターンに表れます。

今回、脚本のチェックをテーマに挙げたのは、人生脚本に気づく事で、
自分の生き方をそのものを変えられるという事です。

−−−

脚本は書き変える事ができます。
そのためには、まず、自分の脚本に気づかなければなりません。

しかし、それは簡単な事ではありません。自分が幼い頃から、「当たり前だ」と思って続けてきた習慣ですから。
自分にとって当たり前の事は、他人から見て常軌を逸していても、本人には分かりません。

しかも「脚本」は無意識のうちに発動するものです。
「敗者の脚本」がいつ発動しているのか、自分では分かりません。
自分が気づかなければならない相手なのに、自分には見えないのです。

ただし、ゲーム創りがストップしている人達には、大きな利点があります。
それは、「ストップしている原因に「敗者の脚本」がからんでいるかもしれない」
という、大きな手がかりを持っているからです。
自分が挫折している事が、かえって気づきを得る大きなチャンスとなるんです。
おお、ヒーロー物っぽい!!

自分が無意識に行っている習慣を、独力で意識し、気づけるという事は、
心理学を学んでいる者から見れば、非常にまれなケースです。

それだけに、挫折に向かい合っている人には、貴重なチャンスが与えられているわけです。

ゲーム創りを通して、人生脚本を変える事ができたのなら、その経験はその後の人生全てに影響を与えます。
自分自身と真剣に向き合っていけば、今後の生き方そのものを変えていく可能性があるんです。


−−−
「人生脚本」編で2回も使いましたが、完成しない心理の裏には、他にも法則があります。
次回は「禁止令」について説明します。 人生脚本で、ピンと来なかった人も、この後の章で思い当たる事が出てくるかもしれません。

そんなわけで、このネタはまだ続きます!


次へ

前へ

目次へ

ASTRO PORT 入り口へ