同人ゲーム製作の心理学 第5回

■■才能って何?■■


「自分には才能があるのかなあ……」
という話をよく聞きます。

「自分には才能がある!」と自信満々に言える人は、この先を読まなくても大丈夫です。
高い実績と、評価を重ねてきた結果が出ているはずですから。

そうでない人(例えば僕自身とか)のために、話を続けます。

才能論は、結論が出ないのに皆が必死になる、荒れがちな話題の一つです。

ゲーム製作に限らず、漫画、絵画、写真、などなど、いろいろなジャンルで創作に励んでいる人が、世界中で自問自答しています。

自分にとって切実な問題なのに、あるのかないのかはっきりしない。
「神はいるか」とか、「運命は変えられるか」とか、「死後の世界はあるか」等と同じようなものです。
これらは、いくら切実でも証明する事はできません。
才能も一緒です。

才能の有無は、創作に限った話ではないのですが、ここでは創作系に絞ります。
創作の才能は、足が速いとか、暗算が早いという、データで測れる能力では無いので、優劣の判断をつけにくいんです。

勝手ながら、このコラムでは、まず才能を僕が定義しちゃいます。
・「才能は生まれつき持った能力では無い」
・「才能は社会が決める客観的評価である」

「才能は神が与えたもうた潜在能力である」という、
一般的に考えられている概念はここではあえて外します。

また、新明解国語辞典(第二版)には

さいのう【才能】 理解して処理する、頭の働きと能力

と書いてありますが、その定義も無視しているので、あくまで僕個人の邪道的見解だと思って下さい。

僕の考えでは、才能は容姿の評価と同じようなものです。
容姿は生まれつき持っているものですが、それが美しいかどうかは、時代によって変わります。
平安時代と現代の美形の概念は違います。また、同じ時代でも各地域の文化よって違いがあります。
ようは、「この人は美しい」と言う人が多いほど、美しくなる。
美の一般的基準は、社会が決めるものであり、才能も同様です。

もう少し、具体的な例を挙げます。

ゴッホと言えば、芸術界の超有名人ですが、この人、生きているうちに売れた絵はたった一枚でした。
では、ゴッホはいつから才能が芽生えたんでしょうか?
僕の定義では、ゴッホの死後、
「ゴッホには才能がある」
と考える人が多数派になってからです。

創作の場合、自分に才能があるかどうかを決めるのは、自分では無くて他人です。
「君には才能がある!」
と言う人が、増えれば増えるほど才能が上がるわけです(その発言がどんなに無責任なものであっても)。
いつ、何がきっかけで、誰が自分の才能を認めてくれるか分かりません。
もちろん
「君には才能が全くが無い」
と言われるのも同じ事です。たとえ、どんなに高名なプロの意見だとしてもです。
ゴッホが後に不朽の名声を得る事を、当時の芸術のプロ達は予見する事ができなかったんですから。

「自分に才能があるかどうか」を考える事は、「自分は将来、多くの人に認められるかどうか」を考える事と一緒です。
それを知るには、未来を予知するしかありませんし、予知に成功しても「死後100年経ってから天才と言われる」という結果が出るだけかもしれません。

だから今の時点で、自分の才能の有無を必死に考えても、意味がありません。

でも、意味が無いのに、つい自問自答してしまうのは、本当は自分は別の答えが知りたいのだと思います。

僕のカウンセリングの経験則から言うと、
「自分は、今挑戦している事を続けるべきか、あきらめるべきか」
が、最も多い本音でした。

もし、それが真の問いだったら、答えの出し方はシンプルです。
「やりたいか」「やりたくないか」という純粋な気持ちをまっすぐ見つめて、打算抜きで決めれば良いんです。
シンプルですが、簡単ではありませんね。

でも、「才能があれば続けよう。無ければあきらめよう」という事を基準に決めようとする事は、自分の人生の決断を、自分以外の誰かにあずける事です。
それは他人の価値観に乗っかっているだけの、虚しい生き方です。

「いや、そんな事を言っても、もしも、無駄な事をしていたらと思ったら怖いじゃんか!」
全くその通りです。僕も無茶苦茶に怖いです。

では、何故怖がるんでしょうか?

たとえば僕の場合、
「自分に政治家の才能が無かったらどうしよう?」と怖がった事はありません。
「パティシエの才能が無かったらどうしよう?」と不安になった事もありません。
最初から、なる気が全くないからです。
そんなわけで、僕には、もしかすると政治家の才能や、パティシエの才能が眠っているかもしれませんが、それが目覚める機会は無いでしょう。
だって、最初から興味ないし、お金を貰ってもやりたくないですから。

世の中にはスキルの数だけ才能があります。
「サッカー」「将棋」「手品」「ペン回し」「結婚詐欺」……等々。

本当は「才能があるかどうか」よりも、重要な事があるんです。
数億も数兆もあるスキルの中で、私達はそれぞれ
「その才能が必要なスキルをあえて選び、実現を目指した」
という事実です。

人間は大人になると、無意識のうちに現実味のある夢しか興味を持たなくなります。
僕も、幼い頃は「パイロット」などと気軽に言ってましたが、自分にその才能があるかどうか悩む前に、そんな夢はきれいさっぱり忘れて、別の夢に切りかえていきました。

逆に言うと、人間はギリギリ手が届きそうな夢だけに興味を持ちます。
夢は必ずかなうとは言いません。なぜならどんな夢も、かなうか、かなわないか分からない「ギリギリ」のところにあるからです。
なぜギリギリかというと、余裕で手が届くものは、ただの予定であって「夢とは呼ばない」からです。

夢がかなう保障はありませんが、才能の有無を気にした夢は、ギリギリで届く可能性と、届かない可能性が等しくあります。
ギリギリの可能性に賭けるか、勝負を降りるか、人生はその選択の繰り返しです。

この、ギリギリというところが人生の面白さでもあり、残酷さでもあります。
人生のゲームバランスって絶妙だなと、つくづく思います。

話があちこちに飛んだので、まとめます。

・才能があるかどうか悩むなら、やりたいか、やりたくないかを考えよう。

・才能があるかどうか悩むという事は、夢に届くかもしれないという事。

最後に僕のポリシーをつけ加えます。

・自分がやりたい事をやったなら、夢に届いても、届かなくてもいいじゃないか!



次へ

前へ

目次へ

ASTRO PORT 入り口へ